故人の思い出を守る|遺品整理をするには専門業者に依頼が最適

様々なスタイル

葬儀

亡くなった人が安らかに眠れるように、身内や親族などが集まりお悔やみをあげる儀式を葬式といいます。近年葬式には様々な形式や種類などが出てきています。その形式で執り行うのかは、故人の意思や信仰していた宗教、遺族の意向などによって決められていきます。故人との最後のお別れの儀式なので、その意思をきちんと尊重して執り行うことが大事なのです。主な葬式の種類となっているのが、一般葬、社葬、家族葬、密葬などです。一般葬は、最もポピュラーな形式の葬儀になります。遺族や友人以外にも故人と生前面識のあった人などいろいろな人が参列することができるようになっています。多くの人が参列に訪れるので、大きな会場で式を行います。弔問客が多いため、葬式にかかる費用も削減できるというメリットがあります。

一般葬と打って変わって、家族葬や密葬という形式は、身内だけで静かに行うものとなっています。一般葬のように大きな会場で式を行うわけではなく、自宅などでひっそりと執り行います。お坊さんを自宅や小さな会場に招き、家族や親族のみで葬式をするのが特徴となっています。この形式で行うのは、故人の遺言があった場合やあまり多くの人を呼んで葬式をするのが苦手だという人などです。一方、家族葬と似た形式のものが密葬という葬式です。密葬は、家族葬のようにまずは親族だけで式を行いますが、そのあとに一般の弔問客を集めて本葬というものを行います。本葬には、一般葬と同様に誰でも参列することが可能となっています。葬式のスタイルには、このように大人数や身内だけといった様々な形式から選ぶことができるのです。